日記

本当に必要に迫られてAmazonパントリーでトイレットペーパーを注文した話

昨今の、トイレットペーパー事情は、ひどいもんです
ツイッターのデマ情報と、メディアのニュースでトイレットペーパーが棚から無くなった映像を何度も流されたことにより
国民感情の不安を煽りに煽りまくった結果、
日本全国で、コンビニ、スーパー、ドラッグストア、ホームセンターなどのお店の棚から
トイレットペーパーとティッシュペーパー、あるいは、生理用品が姿を消しました。

いくら、ツイッター等で、デマ情報だから、買い占めを控えるように呼びかけても、
それは、本当のことであっても、信じるべきものよりも、より面白い展開を信じてしまうという
人間の心理と、不安に感じてしまった後の、安心感への渇望により、品薄の物を手元においておきたいという性により、
自体の収束が一向に進みません。

そんな中、ルルの場合、基本的に引きこもりな上に、外の世界の情報を毎日仕入れていなかったのもあり、
良くも悪くも、自分の身に、降りかかる火の粉に気がついていなかったのです。

降りかかる火の粉とは何かといえば、2月の終わりの週において、トイレットペーパーのストックが1ロールのみだったという現実があり、
そろそろ、トイレットペーパーを補充しなければいけない時期に差し掛かっていたにもかかわらず、
状況の打破に努めていなかったことに起因します。

そうこうしているうちに、世の中では、トイレットペーパーの買い占めが行われ、
生活圏内に存在するお店では、在庫がなくなっていったのです。

事態の深刻さに気がついたのは、3月に差し掛かろうとしていた日であり、
ツイッターでの拡散情報により、トイレットペーパーの品薄を知ったときには、
最後の1ロールをトイレのトイレットペーパーホルダーに設置した日のことだったのです。

なぜならば、その日、最寄りのコンビニに行くと、トイレットペーパーの棚には、お一人様1点限りの張り紙がかかれており、
当然のように、トイレットペーパーは売り切れていたのです。

あわてて、他の最寄りのコンビニにはしごするも、10店舗回っても、どこも同じ状況に愕然としたのでした。

週を明けて、トイレットペーパーを供給している会社などの在庫は、十分にあるという倉庫の映像などが、
報道やツイートが大量に流れてくるものの、実際のお店の陳列棚は、閑古鳥が泣いており、
購入する側からすれば、それこそ、デマのように感じてしまったのです。

ルルに関しても、現実として、
コンビニ10件
スーパー3件
ドラッグストア4件
ホームセンター2件
これだけの店舗を回って、トイレットペーパーは一つも確保ができず、
途方にくれそうになっていました。

当然のように、Amazonや西友スーパー、アスクルなどの日用品を扱っているWebショップでも
品切れの表示や、Amazonに至っては、マーケットプレイスでの販売価格が5000円という通常の10倍以上の価格設定をされているなど、
いかに、市場の流通まで至っていないかを目の当たりにすることになりました。

しかし、ここで、転機が訪れます。
なぜならば、Amazonの検索結果で、数百円のトイレットペーパーが見つかるのです。
それは、Amazonパントリー扱いの商品で、通常商品の購入とは違い、ワンクリックで商品購入を確定できない仕組みになっているため、
商品が補充された際に、検索結果に表示されたのです。

少し、Amazonパントリーの仕組みを説明すると、
商品のジャンルは、保存の効く食品類や、日用雑貨の消耗品などが主に取り扱われています。
Amazonパントリーでは、パントリーBoxという、ダンボールに、商品を詰めていく形になっていて、
商品をカゴに入れていくと、箱の中が何%利用されるかわかるようになっています。
また、複数の商品を入れることで、送料の割引などがあり、どちらかといえば、ネットスーパーのような感覚で利用できます。

さて、そんなわけで、Amazonパントリーで、トイレットペーパーをカゴに入れて、
箱の%が100%になっていないので、ついでに、シャンプーやらペットボトルなどを選んでいると、
トイレットペーパーが、購入できなくなりましたとなってしまいました。

どうやら、Amazonパントリーでは、注文を確定するまでは、確保したことにならないようで、
折角、購入できそうだったのに、購入には至りませんでした。

だがしかし!!!

どうやら、Amazonの商品の補充は、随時行われているようで、30分ほどで、
また、トイレットペーパーを注文できるようになっていました。

今度は、他の商品に目もくれず、すぐに購入確定まで到達させました。

最寄りの店をまわったときは、時間にして2時間はかかっていました。
しかも、次の店へ行くときの精神的苦痛は結構なもので、
もし無かったらどうしよう・・・。
次の店なら買えるかな・・・。
など、感情はあったため、2時間という時間で成果が無かったときの疲弊度はかなりの物でした。

そんな中、Amazonでかかった時間は、1時間程度
商品が来るまでの期間はそれなりにかかりますが、3月3日に注文して、
3月8日には届くという表示がみれたので、心にゆとりを取り戻すには十分なことでした。

今回の、トイレットペーパーをめぐる騒動がいつ収束するかはわかりませんが、
もし、次にトイレットペーパーが無くなっても、Amazonなら購入できると信じることにしました。

それでは、今回はこの変にしておきます。
ルルでした。

-日記

Copyright© ルルの秘密部屋 , 2020 All Rights Reserved.